中国株とは?
自己紹介
証券会社
お勧めサイト
持ち株紹介
総資産
中国株ソフト
中国株リンク
相互リンク
掲示板
今日の株価
トップページ

ざぼんの覚え書き
2007.11.29
本日は、中国株・香港株ともに全面高。
このまま急上昇とはいかないだろうが、少しほっとした。
すでに30%ほど下落していたので、どこまで下がるか見ていたのだが、
とりあえずこれ以上下落しなかったのはよいことである。
といっても、安心は全くしていない。
ざぼんにとって、今は売却せずに購入する時期である。
2007.11.28
最近詳しく相場を見なくなった。
見るのは指数と保有銘柄のみ。
仕事が忙しくなってきたことと、中国株が軟調であることが重なったためである。
しかし、毎月の買い増しは継続している。
今週末か来週初めには買い増しする予定である。

今日は、無料で使用できる中国株関連のソフトを紹介する。(1ヶ月間試用)

シグナル付中国株分析ツール「GoKuu(ごくう)」
            
http://kabu.55china.net

2007.11.26
やっと中国株は上昇。
しかし、上海B株は下落。
ということで、ざぼんの持ち株の上海振華港口機械も下落。

本日、

「中国ファンドが日本株投資」

ということが報道されて、日本株も急上昇である。
上昇しないのは、ざぼんの保有株のみである。
2007.11.21
H株は16000ポイントを割り込み、悲観相場が続いているが、ざぼんは成長株と
言われる銘柄を買い増ししている。ほんとに少しずつではあるが、毎月買い続ける
ことによりナンピンができるのである。
しかし、そうは言ってもニュースやメルマガで悲観的な記事が書いてあることが多く、

「ほんとにここで買って大丈夫なのだろうか?」

と思うが、勇気を持って買っている。

以前、日経平均が7000円台をつけたとき、ざぼんはインデックス投信を毎月購入
していた。
現在保有していれば相当な利益が出るのだが、ほとんど利益を出せずに売ってしま
った過去がある。

そういう苦い経験もあるので、今回は買い増しをしようと考え、ナンピンを行っている
というわけである。

短期勝負ではなく、あくまでも長期勝負である。
2007.11.19
本日指値をしていたら約定していた。
下げたら購入しようと思って指し値をしたわけだが、それよりも更に下げていた。
場中が見られないので仕方がない。

下手なナンピンすかんぴん

こうならないよう注意しておこう。
2007.11.14
NYダウの上昇で、日経平均も上昇、中国株も上昇。
昨日が底だったか。

そう思いたいが、まだまだ底があるような気がする。
この下げで買えなかった方も慌てて買わないで、次に何を買うかじっくり考える
時間ができたと思った方が良いような気がする。

ざぼんは今週買う予定だったが、少し先に伸びた。
2007.11.13
昨日は7%下げたと書いたが、この半月で見ると、ちょうど20%下げたことになる。
良い気持ちはしないが、半月で20%の下げは急落の部類に入るだろう。
しかし、あまり慌てていないのは、昨日も書いたように、信用取引をしていないことと、
もう一つは、生活に必要な資金を投入していないことである。
現在の中国株資産が0になっても、暮らしていけるのである。
このような相場は今後も起こり得るのだから、余裕資金で投資していきたい。
2007.11.12
H株は1000ポイント以上下落。
円も109円となり円高である。
ざぼんの資産も7%ほど下げたが、特に気にしてはいない。
株は上がれば下がるものである。
たまたま、上昇していた中国株がここに来て下落しているだけのことである。
信用で取引しているわけではないので、慌てることはない。
数年先を見ていこう。
2007.11.10
久しぶりに福岡に行ってきた。
セミナー受講のためである。
たまには刺激を受けて勉強しないと悪い頭がなお悪くなる。

特急列車で行ったのだが、ざぼんはグリーン車というものに乗ったことがない。
今日どうしても乗りたくて、思い切って切符を購入した。
車内に入ると、広めの座席にスリッパまで用意されている。
ドリンクサービスまである。
おまけに、ざぼん以外誰もいない。
初めてのグリーン車体験だったが、車内丸ごと貸しきりになったので非常に
得した気分になった。

さて、会場についた後、トイレに行こうとしたが行列である。

「待つのも嫌だな」

と思い、上の階に行ってみた。
同じ作りだからおそらくトイレの場所も同じだろうと予想して行くと、その通りであった。
おまけに、その階は何のイベントも行われていなかったので、待つこともなく用ををすませることができた。
やはり、人と同じ事をやっていてはだめである。

「人の行く裏に道あり花の山」 (笑)
2007.11.08
NYダウは下落だし、円高で112円台にはなるし、中国株は大幅下落だし、
悪いことばかりのようだが、「人間万事塞翁が馬」という故事もあるように、
そうそう悪いことばかりは続かないだろう。

話は変わるが、ざぼんが初めてこの故事を知ったのは、青島幸男氏が、

「人間万事塞翁が丙午」

という作品を出版したときである。(直木賞受賞)
もう26年も前のことである。
2007.11.06
本日上場のアリババだが、193%の上昇だという。
終値は39.5HKD。
つまり公募価格の約3倍の値がついたと言うことだ。
安値が28HKDなので、そこで購入しても十分な利益が出たことだろう。
ざぼんは資金がなかったので見送りであった。
2007.11.05
週明けの香港市場は急落。
H株は1200ポイント以上(6.392%)下げ、投げ売り状態。
ざぼんは、あまり人気のない小型株が中心なので、あまり下落していない。
明日はわからないが。

機関投資家が買っていない銘柄は、今回のような急落時もほとんど被害を受けない
ようなので、今後も買い増しを続けていく予定である。
2007.11.02
ここ数日体調が優れなかったが、昨日から鼻水は出るわ咳は出るわで、本格的に風邪をひいたようである。
薬を飲んで今日も早く休む予定である。
みなさん、そろそろ寒くなりそうですので風邪にはご用心を。
2007.10月の覚え書き 2007.9月の覚え書き
2007.8月の覚え書き 2007.7月の覚え書き 2007.6月の覚え書き
2007.5月の覚え書き 2007.4月の覚え書き 2007.3月の覚え書き
2007.2月の覚え書き 2007.1月の覚え書き 2006.12月の覚え書き
2006.11月の覚え書き 2006.10月の覚え書き 2006.9月の覚え書き
2006.8月の覚え書き 2006.7月の覚え書き 2006.6月の覚え書き
2006.5月の覚え書き 2006.4月の覚え書き 2006.3月の覚え書き
2006.2月の覚え書き 2006.1月の覚え書き 2005.12月の覚え書き
2005.11月の覚え書き 2005.10月の覚え書き 2005.9月の覚え書き
2005.8月の覚え書き 2005.7月の覚え書き 2005.6月の覚え書き
2005.5月の覚え書き 2005.4月の覚え書き 2005.3月の覚え書き
2005.2月の覚え書き 2005.1月の覚え書き 2004.12月の覚え書き
2004.11月の覚え書き 2004.10月の覚え書き 2004.9月の覚え書き
2004.8月の覚え書き 2004.7月の覚え書き 2004.6月の覚え書き
2004.5月の覚え書き 2004.4月の覚え書き 2004.2・3月の覚え書き