中国株とは?
自己紹介
証券会社
お勧めサイト
持ち株紹介
総資産
中国株ソフト
中国株リンク
相互リンク
掲示板
今日の株価
トップページ

ざぼんの覚え書き
2007.01.30 中国株は買うべきか
やっぱり遅かった。
今日、「ベトナム株通信」が配信されたが、もう7・8号であった。
もっと早くから申し込んでおけばよかった。

さて、中国株の方だが、ざぼんは現在様子見なので、まったく売買はしていない。
だから、上昇しようが下落しようがほとんど気にしないのであるが、毎日保有株の
株価だけは点検している。

勘だが、あまりこの時点では購入しない方がよいと感じる。
必ず調整があると思うので、今は休む方が得策だと感じるのだがいかがだろうか。
最も、投資スタンスは人それぞれなので、ざぼんがここで言うべきことではないかな。
2007.01.28 ベトナム株
すっかり忘れていた。
何をかって?

ベトナム株通信を申し込むことである。

1ヶ月無料なので申し込まない手はない。
今申し込んだが、間に合うだろうか。

無料申し込みはこちら↓

http://www.gladv.co.jp/viet/
2007.01.24 最高値更新中
中国交通建設であるが、本日も上昇。
最高値を更新中である。
勢いがつけば、10HKDを突破するかもしれない。
要チェックの銘柄だと思う。
2007.01.23 中国交通建設強し
H株指数は1万ポイントを挟んでもみ合っているが、本日は1万ポイントを割って
引けた。
ざぼんの持株も1銘柄を除き、すべて下落した。
その1銘柄とは、

中国交通建設(1800)

である。どうもこの銘柄は、高値を更新し今後も伸びると予想するのだが、
気のせいだろうか。
2007.01.22 面白くない
売却完了したが、旧正月まで取引をしないと決めたとたん、面白くなくなってきた。
極論だが、持株が上昇しようと下落しようとどうでもよくなってきた。

いつ相場が下落し買い場が訪れるかはわからないが、それまでの辛抱である。
面白くなくても、次の買い場が来るまでは日々の動きを見ておこう。
2007.01.18 売却終了
本日資産の4分の1を現金化した。
これで、旧正月までは売買を休止する。
急落したらまた割安と思える銘柄を購入する予定である。

今年に入ってから少しずつ利益を確定したせいか損はしていない。
大きく儲けようとせず、着実に利益を積み上げていきたい。
2007.01.16 1万ポイント突破 
H株指数は1万ポイントを突破。
どうやらこのラインが基準になってしまったようである。

またどこかで下落すると考えるので、とりあえず現金化するが、いつ売るかは相場を
見て決める予定である。

その後は、売買せずホールドする予定である。
2007.01.15 全市場急上昇
すべての市場が上昇した。
ざぼんの保有銘柄も、常茂生化を除き上昇。

先日書いた4分の1程度の現金化だが、この調子で行くと今週中には達成できるかも
しれない。
ここから、年末のような急上昇は期待できないだろうし(わからないが)、あまり上ばか
りをみてもきりがないので、ここらでちょっと一休みしようと考える。
2007.01.13 あの日が近づいてくる
昨年の今頃は含み資産が頂点に達している時期であった。
しかし、昨年の1/17にはライブドアショックが起こり資産は急減。
戻るまでに1年かかった。

株を保有するリスクについてもう少し考えなければいけないと思うのである。
アメリカの兵力増強、北朝鮮問題等々、今年も話題に事欠かない。

現在、ざぼんは資産のほとんどを中国株で保有している。
やはり現金の比率を少し高めておかなければならないと感じる。

全株売却することはないが、4分の1程度は現金化して旧正月を迎えたいと思う。
2007.01.12 H株ようやく上昇
ようやくH株は上昇。
ただし、これがいつまで続くかは誰にもわからない。
本日は、前日比162.95ポイント高の9674.71ポイントで引けた。
銀行株も若干上昇。ホントに若干である。

ざぼんは、今、売り時を考えている。
資産があと5〜6%上昇すれば即売りたい。
2007.01.11 上海B株すべてストップ高(前場)
H株は本日も続落。
9511.76ポイントで引けた。

それよりもっとスゴイのが下記のニュースである。

http://www.naito-sec.co.jp/csw/cstock-repo/00000833.pdf

なんと、上海B株が前引けですべてストップ高になるというスゴイことが起きた
のである。

B株改革が実施されるのではないかという噂で上昇したらしい。
買っておくしかないかも。
しばらくはB株から目が離せない。
2007.01.10 建設銀行買いか?
H株は本日も続落。
終値は、9649.23ポイント。昨日ざぼんの書いたとおりになった。
こんなの当たっても全然嬉しくない。

以前、おたっきーさんの、

「ざぼんさん、銀行株いいよいいよぉ〜」

という助言を全く聞き入れず、

「買わないよぉ〜」
「急落したら買うよぉ〜」

なんて言っていたのだが、昨日(というか本日の午前2時)チャートを眺めていたら、
突然銀行株を買いたくなってしまったのである。

昨日も書いたように、H株指数は9600ポイント付近が抵抗ラインと考えたので、そこで
もし下げ止まるのであれば、同じ動きをする銀行株も抵抗ラインがあるはずだと考え、
交通銀行・建設銀行・中国銀行のチャートを調べてみた。

昨日の時点で、高値からどれくらい下げているかを計算したら下記のようになった。

・交通銀行:-13.84%
・建設銀行:-11.77%
・中国銀行:-11.0%
 (2007.01.09現在)

普通なら下げが大きい交通銀行を選ぶのだろうが、半分寝ながら分析していたざぼん
は、建設銀行を選んだのである。そして出した株価が、

4.65HKD

たぶん約定しないと思っていたら買えていた。
本日の安値は4.60HKDで、終値は4.68HKDであった。

なんか、雲行きが怪しくなってきたからまた下げそうだなぁ。
2007.01.09 どこで下げ止まるか 
とうとうH株指数は1万ポイントを割り込んだ。
結局、上昇したのは今年に入って2日と3日の2営業日のみである。
4日〜9日まで続落という形になっている。

H株指数は窓がパカッと空いているので、その窓を埋めるべく9600ポイント付近まで
下落するかもしれない。(まったく保証なし)
H株指数銘柄を購入するのであれば今週あたりかなと思うが、ざぼんがそこで購入
するかどうかはわからない。
買ったらまた下がるのが株である。

http://toyo.searchina.ne.jp/data/chart.cgi?span=90&asi=0&code=HSCE&market=HSCE

2007.01.08
本日もH株は下落。
UW証券では取引可能だったので、下記の銘柄を少し売却した。

中国通信服務(0552)
中国交通建設(1800)

売却後2つの銘柄は上昇。
株は売れば上がるものだから仕方がない。
少し残していただけでも良しとしよう。

話は変わるが、当サイトの携帯版を作成した。名前は、

「携帯中国株」

ブログも設置したが、内容は「ざぼんの覚え書き」と同じなので、外出している時などに
ご利用いただきたい。


 http://ktaics.com/
  「携帯中国株」
    QRコード
2007.01.07
明日は香港市場が開場である。
朝から相場を注視していこうと思う。
ダウが下げたので、つられて前場は下げるかもしれない。
もしかすると、売却するかもしれない。
2007.01.06
今日から3連休である。
まだ正月気分が抜けきれないでいるが、少しずつ体を元に戻そう。
そう思っていたのもつかの間、今日は午前3時までいろいろやっていて、起きたのは
正午であった。
まったく不規則な生活をしている。
明日は早起きして出かける予定なので、早めに就寝しないと。
2007.01.05
本日もH株は続落であった。
しかし、最終的には少し下げ止まり、ざぼんの保有株も若干上昇した。
といっても、少し戻しただけだが。
来週月曜日は成人の日で休日だが、UW証券では取引可能なのでじっくり見ていよう
と思う。

さて、そのUW証券だが、表示が遅すぎてどうしようもないと思っていたら、
迂回回線を用意したという。お陰でサクサク動くようになった。

https://trade2.uwg.co.jp/poc/uw_member.jsp
2007.01.04
本日のH株は急落した。
昨日より、418.41ポイント低い10347.67ポイントであった。
結局、年末のポイントとほとんど変わらない値になったわけである。

さあ、ここからどう動くかが非常に難しくなる。
インターネットで情報を集めると、強気派弱気派様々である。

今年は亥年。世間では、

「亥年は株価が上昇する」

と言っているようだが、はたしてそのようにうまくいくだろうか。

猪突猛進

と言えば聞こえはよいが、ゆっくり着実に資産を増やす方法も必要かなと思う今日
このごろである。
2007.01.03
来年のために書いておこう。
本日のH株指数は、132.66ポイント高い10766.08ポイントであった。
本日は、下落している前場だけ見ていたのだが、後場に入ると上昇に転じた。

午前中、中国銀行(3988)の横領被害額が29億元と出ていたので、急いで売却
したのだが、結局終値は昨日の終値を越えていた。ちょっと早まったか。

でも、資金もできたので明日別の銘柄を購入することにしたい。
2007.01.02
本日より香港市場は取引開始。
H株指数の終値は、昨年末より293.06ポイント高い、10633.42ポイントであった。

昨年の覚え書きを見ていると、年初は上昇したと書いている。
少しは覚え書きも役に立つ。
しかし、昨年と同じようにならないのも相場である。

調整するという予想が大半でも、それに反して上昇するかもしれないし、
明日、大幅下落するかもしれないのが相場である。

現金がないので購入することはできないが、いつでも売りの準備はしておこうと思う。
これからは、毎日目が離せない。
損だけはしないようにしたい。
2007.01.01
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

除夜の鐘をついて戻ってきたところである。
今年も良い年であるように頑張りたい。
そのためには、何か行動を起こして結果を出すようにしないといけないと思う。

ということで、今年も投資に関して目標を立てた。
日本株は一時撤退しているので、今年は中国株一本に絞ろうと思う。
ただし、ベトナムノーロードファンドは購入済みなので、これは3年間保有の予定。

さて、どれくらいの目標を立てるかということだが、今年は昨年ほど中国株も上昇
しないと考えているので、

目標を+30%

としたい。
明日から香港市場は売買開始である。
回線トラブルの復旧見通しが立たないため若干心配ではあるが、初日は海外ファンド
の買いがあり、上昇するのではないかとみている。
はたして、予想通りの展開になるだろうか。
2006.12月の覚え書き
2006.11月の覚え書き 2006.10月の覚え書き 2006.9月の覚え書き
2006.8月の覚え書き 2006.7月の覚え書き 2006.6月の覚え書き
2006.5月の覚え書き 2006.4月の覚え書き 2006.3月の覚え書き
2006.2月の覚え書き 2006.1月の覚え書き 2005.12月の覚え書き
2005.11月の覚え書き 2005.10月の覚え書き 2005.9月の覚え書き
2005.8月の覚え書き 2005.7月の覚え書き 2005.6月の覚え書き
2005.5月の覚え書き 2005.4月の覚え書き 2005.3月の覚え書き
2005.2月の覚え書き 2005.1月の覚え書き 2004.12月の覚え書き
2004.11月の覚え書き 2004.10月の覚え書き 2004.9月の覚え書き
2004.8月の覚え書き 2004.7月の覚え書き 2004.6月の覚え書き
2004.5月の覚え書き 2004.4月の覚え書き 2004.2・3月の覚え書き